メディプラスゲル大人ニキビの口コミ

私の場合は更年期にさしかかっているのとストレスからくるものですが、脂っぽいニキビの治療のために洗顔でスッキリするまで洗っていた過去とは違い、今は乾いたニキビというか、カサカサして粉が吹くのでかゆくなることもあり我慢できなくてかいてしまうと赤みが強くただれたようになります。

 

メディプラスゲル大人ニキビの使い方

洗顔後、1プッシュ顔全体につけてから、5分位待ってからもう1プッシュ出し、カサカサ粉が吹いたニキビにあるところもう一度ぬりました。
あまったジェルは、デコルテや胸のニキビにつけています。

 

メディプラスゲルを使ってみた感想

口コミであったようにベタベタして浸透が遅いという事は、1回目は感じましたが、3回目には感じなくなっています。肌がやわらかくなったからかと思います。
3回目で、大きなニキビがなくなり、全体的にニキビが小さくなってきました!
大きなニキビだけでなく蕁麻疹のような小さな胸ニキビにも効果があったので、ニキビ治療の有効成分 トコフェロール入りで、塗りやすくて手軽に利用できるのと乾燥が気にならなくなったので定期購入を続けることに決定です。

 

40代になってからまさかまたニキビに悩まされるとは…

小学校5年生のときにはじめてニキビができて中学校2年生まで、思春期ニキビで皮膚科通いを続けてようやく治ってからは、生理の時以外は出きずらくなっていたのになぜでしょうまた憂鬱な日々が。
若い時はTゾーンや頬に現在はあごやフェイスラインにできるように「20歳をすぎるとニキビとは言わず吹き出物なんだよ。」と友人から聞いたのでこれは吹き出ものなんだと思っていましたが正しくは大人ニキビって言うようです。

 

※大人ニキビは、乾燥・ストレス・化粧品・不規則な生活習慣などによるターンオーバーの乱れが原因で起きるなど、一つに絞れないことが多いそうです。治療にはニキビの炎症を抑えるとともに、生活習慣や食生活の見直しが必須となります。

 

メディプラスゲル思春期ニキビの口コミ

14歳思春期ニキビです。
皮膚科から処方されたディフェリンゲルを使用中、ニキビの炎症は確かに抑えられて良くなってきてます。
ただこの薬は効果は高いのですがとっても乾燥するのが悩みたっだので皮膚科の先生に相談すると「角質が薄くなり乾燥しやすい状態となっていますので、保湿効果の高いできるだけ低刺激のクリームなどを塗布してください。」となのでメディプラスゲルを試しに使ってもらいました。

 

思春期ニキビへの使い方

洗顔後、メディプラスゲルを1プッシュ(脂性肌なので)つけて、肌になじんだらディフェリンゲルをつけることに。
それでも乾燥する日はディフェリンゲルを塗った上から2度塗りします。

 

コメドを誘発しないものがよいでしょう。 ディフェリンゲルとの相性はいいようです。

 

メディプラスゲルを使ってみた娘の感想

ジェルを肌にのせるとヒヤッとする感触が気持ちが良く、炎症で赤くなってる所につけるとスキッとするのが良いです。
皮膚科で貰った薬をつけた後は乾燥するので日焼け止めをつけるとさらに肌がキリキリして時間が経つとベタッとしていたのですが、メディプラスゲル使いだしてからは肌のキリキリした乾燥とベタつきが気にならなくなりました。

 

メディプラスゲルを使ってからにきびがでてしまった(泣)という口コミもあるようですが私達親子はニキビのない所に塗ってもあらたにニキビができることはありませんでしたよ。脂っぽい肌でニキビができやすい人にはススメないです。

 


×